厳しい一言。

みなさんこんばんは!
 
今日は綺麗な青空でしたね!!
青空に映える雪化粧の立山を見ると、「よくぞ富山に生まれけり」ですね!
(僕、富山に生まれてませんが)
 
 
さて、今日は午前中、任意売却のお客様との打ち合わせ。
 
今回のお客様は、「今の家に住み続けたい」というご希望があるお客様。
 
幸いなことに、ご協力者がいらっしゃるので、場合によってはご希望に添えるかもしれません。
 
が。
 
今日は厳しいことをお伝えしてきました。
 
「大変申し訳ありませんが、僕はボランティアではありませんので、お客様のご希望をかなえるためだけのお仕事にはおつきあいはしかねます。」
 
ご希望を叶えたいがために、お客様が言われた一言にカチンときてしまったため。
 
この時点で、ご協力者さんがこの方のために支出してあげられる価格をだいぶ超えてしまっています。
それは、後のご自宅の築年数が若いのと、場所的なもの。
 
ご協力者さんが頑張ってくれ、住み続けられることになったとして。
 
その後、賃料がかかってきます。
残った債権に関しても返済額が出てきます。
その他の支払いも当然あります。
それを考えると、どうかすると今までの住宅ローンと同等またはそれ以上の支出。
  
今まで、住宅ローンが支払えてこなかった方が、こういう状況で助けてくれる恩人に対して恩を仇で返さないためには、かなりの覚悟と実行が必要。
 
そのあたりの思いと計画性が現在、全く感じられなかったから。
 
そして、
 
「任意売却でうまくいかなかったら、そのあとの競売でチャレンジしてみます」
 
理屈ではその通り。
ただ、「競売でうまくいくくらいなら任意売却で事前にうまくいくように」ちゃんと計画を立てています。
 
というよりも、「チャレンジする・できる」かどうかは、残念ながらこのお客様に選択権はありません。
そのご協力者様が「やる・やれる」かどうか。
 
そのあたりの、ご自身の「置かれた状況」が理解できていない。
 
このお客様は、「何を守りたい」のだろう。
 
家(環境)なのか。
お金(生活)なのか。
 
こんなお話をしている最中にも、小さなお子さんが隣にいて、ソファーでワンちゃんと遊びながら、名探偵コナンを見ています。
 
再度思います。
 
このお客様が守りたいのは、なんなんだろう。
 
「全部」は守れませんよ。
今となっては。
 
何かを切って、本当に守りたいものを最終的に守る。
 
言い方を変えると、
 
「何か」を守るためには、「何と何を切りますか?」
 
もう、そんなフェーズです。
 
僕の今日の声は届いただろうか。
 
取り急ぎ、ご協力者様に、今日お話ししてきた内容を報告し、
 
「ご本人と一度しっかりと話し合って、この先の任意売却を続けるのかどうか、結論を出してください」
 
とお伝えしました。
 
さぁ、どうなりますか。
 
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
〜不動産売買から農地転用・許認可まで〜
株式会社不動産のStepup
行政書士・相続診断士事務所Stepup

スポンサーサイト

相続+成年後見。

みなさんこんばんは!
 
本日、以前ご依頼をいただいた案件に関してのご相談を承ってきました。
(ご依頼をいただいた時のブログ)
 
基本的に、事前にご家族で会議をしておいていただいて、ほぼ、方針は固まっていたので、
その実質的なところの解説が主な内容でした。
 
概要を再度書くと、こんな感じ。
①ご相談者さん(Aさん)のお父さん(Bさん)がなくなって、その相続が始まった。
②Bさんの財産は不動産(土地建物)があるものの、それ以上の負債がある。
③推定相続人はAさんのみだが、Bさんのお母さんと弟さんが存命である。
④Bさんのお母さんは認知症を患っていて、施設に入所中である。
 
ざっくり、こんな感じです。
 
⑴皆様のご意見としては、皆、相続の放棄をして債務を引き継がないようにしたい。
⑵手続きには、極力お金をかけないようにしたい。
 
ということで、順次、作戦会議です。
 
❶まず、Aさんは早急に相続放棄の手続きに着手。
❷Bさんのお母さんの成年後見手続きに着手。
❸成年後見手続ができたら、Bさんのお母さんが相続放棄。
❹Bさんのお母さんが相続放棄できたら、Bさんの弟さんが相続放棄。
 
こんな順番になります、とお伝えして。
 
各段取りの一般的な手続きは「どこへ行ったらいいか」「どんな書類を書くのか」「いくらくらいかかるのか」「どのくらいの時間がかかるのか」などをアドバイス。
 
相続の手続きって、細かくいろいろあるんだね、とびっくりされたようです。
ほんと、そうなんです。
まぁ、今回は「相続」+「成年後見」なので、ちょっと入り組んでいますから、わかりにくいのかもしれませんね。
 
家庭が100あったら、相続の形も100ある。
十人十色、百人百色。
 
いろんな問題やお悩みに、きちんと対応して信頼される行政書士になっていけるよう、これからも精進です!
 
・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_
 
DSC_6152.jpg 
 
「ここで卵を産む」のは誰を想定しているんでしょうか。。。
 
桜ヶ池にて。
 
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
〜不動産売買から農地転用・許認可まで〜
株式会社不動産のStepup
行政書士・相続診断士事務所Stepup

みなさんこんばんは!

本日は毎月恒例の「富山実践行動塾」の日でした。

富山でスモールビジネスを営む同志がお互いの強みや弱みを確認しあい、「今すぐではないが、絶対必要な事」に時間を割いて、これからに照準を合わせる時間。
今日は特に、もう今年一年の四半期が終わっての結果報告の日。

途中で一度、故あって抜けましたが、毎月毎月大切な時間です。

「経営者は孤独だ」と、よく言います。

確かにその通り。

でも、ここに「仲間」がいます。
同情しあう仲間ではなく、
意見し合える仲間。

ありがたい事です(^-^)


そして、先ほどまで勉強会Ⅱに参加させて頂いて来ました!!

アルコールも入りながら、忌憚なく話ができる楽しい場。
今日は金沢からゲストを迎えての特別な場にもなり、いい時間を過ごすことができました。

今日のフィードバックを糧に、また明日からの毎日を大事に過ごしていきたいと思います。

反省。。。

みなさんこんばんは!
 
今日は朝一番から高岡市役所へ。
相続関係図の作成をご依頼いただいているお客様の戸籍等の収集です。
 
ご依頼人さんの分はもちろんなんの問題もないのですが、問題は故人の分。
ご依頼人さんとは少し縁遠くなってしまっていたこともあって、本籍がわからないとのこと。。。
 
ということで、取り急ぎ高岡と氷見で改正原戸籍と住民票の除票を。
 
そこで、段取りの取り方がうまく行っていないくて。。。
 
今日、高岡市役所→氷見市役所と行って、夕方、もう一度高岡市役所へ立ち寄ったところで、もう一度氷見市役所に行って来なければいけないことが発覚。。。
 
まだまだだなぁ。。。
 
明らかに今回のは段取り間違い!
 
お客様から聞いていた情報だけでいけば、高岡市役所→氷見市役所の一回だけでなんとかなったんですが。。。
 
調査不足と考え不足で二度手間の雨あられ。
 
お客様にご迷惑をおかけすることにはなっていませんが、自分の時間を圧迫してしまっています。
 
もっともっと、仕事の「コツ」を掴めるように考えて動かねば。
 
 
反省の1日でした。
 
・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_
 
IMG_2715.jpg  IMG_2517.jpg
 
朝一番の高岡市役所と、氷見市役所。
 
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
〜不動産売買から農地転用・許認可まで〜
株式会社不動産のStepup
行政書士・相続診断士事務所Stepup

午後からはドライブ日和でした!

みなさんこんばんは!
 
本日早朝はひどい嵐でしたね!
風雨と雷の音と光で目が覚めてしまいました。
(そのあと、しっかり二度寝しましたが)
 
ただ、高岡だけだったんでしょうか。
そんなことなかったというお客様が多かったです^^;
 

・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_
 
今日は、昨日・一昨日とは逆に、県東部デー。
 
午前中は事務所で書類作成等でしたが、お昼から、滑川に向けて出発!
 
2件ほど、お客様との打合せ・交渉を経て、協力業者に書類をお届け。
滑川市役所で不動産の重要事項調査と別件の報告。
 
IMG_7052.jpg 
 
不動産の現地調査を経て、そこから入善へ。
 
「田んぼ」を売りたいというお客様との打合せです。
場所の確認や現在の状況、希望価格などを聞き取った上で、今後の方針を打合せ。
おそらく、そう簡単な仕事ではないと思われ、長いおつきあいをお願いしてきました。
 
そして、入善では現在販売をお手伝いさせていただいている収益物件に関しての管理会社さんとの打合せ。
今の状況や過去の経緯、町内会さんとのおつきあいなど、要点をお伺いしてきました。
 
 
 
今日はここからまだ移動。
 
入善町から射水市小杉町まで一気に移動。
 
月に一度の富山の若手行政書士の勉強会「青龍会」の日でした。
 
IMG_2410.jpg  
 

今回は東京から講師を招いての「経営事項審査」に関してのお話を伺いました。

「経営事項審査」というのは、建設業の皆さんが、公共工事を受注するために必要な資格の一つだと思っていただければいいと思います。
これを通していくためには、非常に細かい審査があり、そのための書類も非常に細かいポイントが数限りなく。
 
これができるようになると、行政書士としての「武器」がまた一つといったところでしょうね。
 
ぜひ、お客様に正しい情報を提供できるように、きちんと頭に入れておきたいと思います^^
 

・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_・_
 
今日の入善への移動中に、嬉しいことがありました。
 
昨日、お客様に「いい士業の方を紹介してください」とお話をいただき、お客様のお悩みの種類とお住いの地域やご年齢等を考えた時に、適任だと考えて、H司法書士をご紹介させていただいたのですが。
 
お仕事になるかどうかわからないにもかかわらず、H司法書士は本当に親身にお話を聞いてくださったとの事です。
そして、諸条件によりH司法書士は受任できなかったため、代わりにN司法書士を紹介してくださったという事で、そちらにお話を伺ったら、N司法書士も本当に真剣に、親身にお話を聞いてくれました、とのことでした。
 
H司法書士から紹介されたN司法書士も、僕の知り合いであったため、お客様にとっては安心できたとのことなのですが、それ以上にしっかりお話を聞いていただけたのが嬉しかったのだそうです。
 
H司法書士も、N司法書士も、僕が自信を持ってご紹介する司法書士さん。
それがお客様に伝わって、「嬉しかったので、報告がてら電話しました!」とお電話いただけたのが本当に嬉しくて。
 
僕も、こんなに信頼される先生方を見習って、いいお仕事ができるように、日々精進したいと思います!!
 
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
〜不動産売買から農地転用・許認可まで〜
株式会社不動産のStepup
行政書士・相続診断士事務所Stepup
プロフィール

yoshimura

Author:yoshimura
富山市内で営業している、不動産屋さんです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR